ブックタイトルツムラグループ コーポレートレポート 2014

ページ
3/60

このページは ツムラグループ コーポレートレポート 2014 の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ツムラグループ コーポレートレポート 2014

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

ツムラグループ コーポレートレポート 2014

 本レポートはGR「I サステナビリティレポーティングガイドライン(第3.1版)」に定義される、アプリケーション・レベルC+に該当しており、第三者機関による検証を受けています。なお、ホームページにGRI ガイドラインおよびISO26000に対応した内容索引を掲載しています。報告対象期間 パフォーマンスデータは2013年度の実績です。● 株式会社ツムラ、株式会社ロジテムツムラ、 株式会社クリエイティブサービス、 株式会社夕張ツムラ ( 2013年4月1日?2014年3月31日)● 深?津村薬業有限公司、上海津村製薬有限公司、 LAO TSUMURA CO.,LTD. ( 2013年1月1日?2013年12月31日)定性的な報告内容には2014年度の活動内容を含み、その都度対象期間を明記しています。報告範囲ツムラホームページhttps://www.tsumura.co.jpCSR 活動https://www.tsumura.co.jp/corporate/csr/index.htm パフォーマンスデータの集計範囲は、株式会社ツムラ、株式会社ロジテムツムラ、株式会社クリエイティブサービス、株式会社夕張ツムラ、深?津村薬業有限公司、上海津村製薬有限公司、LAO TSUMURACO.,LTD.です。集計範囲が上記と異なる場合は、その都度対象報告範囲を明記しています。GRI・ISO26000 内容索引発行前回発行次回発行予定2014年 10月2013年10月2015年 8月CONTENTS目次ト ップメッセージ漢方とはツムラC S R漢方・生薬事業 漢方薬ができるまで 原料生薬栽培(栽培研究)・調達 品質管理、製造、物流 情報収集・提供活動、研究・開発理念に基づく経営財務資本政策人的資本政策 生薬栽培を通じて 従業員とともに環境資本政策 中期環境目標 エネルギーや物質の流れ 環境マネジメント 低炭素社会への貢献 循環型企業を目指して 化学物質管理/大気汚染・水質汚濁防止 生物多様性への配慮 地域コミュニケーションコーポレート・ガバナンス コーポレート・ガバナンス リスクマネジメント コンプライアンス第三者検証ツムラグループ企業使命漢方医学と西洋医学の融合により世界で類のない最高の医療提供に貢献します基本基調社会や人々のお役に立てる企業人に優しい企業ラオス自社圃場 桂ケイ皮ヒコーポレートレポート 2014漢方とはツムラCSR 漢方・生薬事業理念に基づく経営財務資本政策人的資本政策環境資本政策コーポレート・ガバナンス