株主・投資家の皆さま

14.育薬の推進(ツムラ抑肝散)

TJ-54 ツムラ抑肝散(ヨクカンサン)

効能又は効果:神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症

  • 育薬の推進(ツムラ抑肝散)の図

認知症の行動・心理症状に抗精神病薬が使用されると、副作用による転倒リスクが増えます。(→寝たきりへの移行)

抑肝散は患者の日常行動を改善するデータも報告されています。

認知症の行動・心理症状とは認知症を基盤に出現する様々な行動障害と精神症状のことを言います。
この行動・心理症状を改善する、ということは、介護されるご家族や医療関係者にとっても大きな意味をもちます。

IRに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームからご連絡ください。