株主・投資家の皆さま

17.国内栽培拠点

安定供給のために

当社は、漢方製剤の原料となる生薬を中国から約80%、日本で約15%、ラオスなどから約5%調達しています。安全な生薬の安定確保のために、漢方製剤の長期的な需要予測に基づき、国内外での生薬栽培地の拡大、加工(調製加工および選別加工)・品質管理・保管能力の強化などに取り組んでいます。
日本国内での主要な産地は6道県です。各地で栽培・収穫された生薬は、茨城県にある石岡センター内に集積保管されています。

1.北海道

  • 川芎(センキュウ)

川芎(センキュウ)、蘇葉(ソヨウ)、当帰(トウキ)、附子(ブシ)、黄耆(オウギ)などを調達しています。
2009年7月に、道内の生薬の生産、加工、保管などを目的に株式会社夕張ツムラを設立しました。

2.岩手県

  • 蘇葉(ソヨウ)

蘇葉(ソヨウ)、附子(ブシ)、木香(モッコウ)などを調達しています。
当社の契約産地の中でも歴史のある産地で、経験豊かな生産者が東北の冷涼な気候を生かし栽培しています。

3.群馬県

  • 当帰(トウキ)

当帰(トウキ)を調達しています。コンニャクの生産地としても有名な群馬県。
当帰はコンニャクの輪作作物として相性が良く、冬の農閑期に作業ができる作物として栽培されています。

4.和歌山県

  • 山椒(サンショウ)

山椒(サンショウ)や陳皮(チンピ)など柑橘系生薬を主に調達しています。
和歌山県は山椒の生産量が日本一です。中山間地で傾斜があり、寒暖の差が大きい土地が山椒の栽培に適しています。

5.高知県

  • 柴胡(サイコ)

柴胡(サイコ)、山椒(サンショウ)、枳実(キジツ)などを調達しています。
当社は、高知県の「協働の森づくり事業」のパートナー企業として地域と協働し、森林再生による栽培地の自然環境保護と地域交流の促進を図っています。

6.熊本県

  • 柴胡(サイコ)

柴胡(サイコ)などを調達しています。
畳の原料となるいぐさや葉タバコを栽培していた土地で生薬栽培を始める方が多く、盆地特有の寒暖差や水はけの良い土地が柴胡の栽培に適しています。

IRに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームからご連絡ください。