ツムラ税務ポリシー

1. 基本方針

当社グループは、当社グループが事業を行う全ての国・地域において、税務関連法を遵守し、適切な納税を実施することで各国・地域の財政・経済に寄与し、持続的な社会の発展に貢献していきます。当社グループは事業活動における行動原則である「ツムラ行動憲章」に則り、本ツムラ税務ポリシーを遵守し、高い倫理観をもって社会的責任を果たします。税務コンプライアンスと税の透明性を確保しながら適切な納税の実施に取り組んでまいります。

2. 税務ガバナンス

当社の最高財務責任者(以下、CFO)は、当社グループの税務ガバナンスに責任を負っております。CFO はグループ各社が抱える税務上の課題を認識し、適切に対応できる体制を構築しており、親会社の税務チームがグループ全体の税務リスクを評価し、対応を検討・指示しております。また各国の税務チームは、同様に各国における税務リスクを管理しており、重大な税務リスクについては親会社の税務チームへ報告し、対応を検討の上で、適切に税務処理しております。親会社の税務チームと各国の税務チームは税務の問題に適切に対応することが出来る体制を整備しております。

3. 税務コンプライアンス

租税回避行為やアグレッシブな税務計画に駆り立てられることは、税務コンプライアンスを損なう可能性があるものと認識しております。各国の税務関連法遵守を最優先とし、当社グループすべての役職員が本ツムラ税務ポリシーのもとで行動し、コンプライアンスを徹底することにより、適切な納税の実施に努めております。

4. 税務リスクマネジメント

税務リスクは財務上の損失や信用の失墜につながりかねないリスクであり、コンプライアンスリスクのほか、不確実な税務ポジション、法令の改正、アグレッシブな税務慣行の認識に関連するリスクがあります。当社グループでは税務リスクの適時・適切な把握に努めるとともに、重要な税務リスクが特定された場合には、外部の専門家の助言を得ながら、各国の税務当局との相談等を通じて、税務リスクの低減等に努めております。

5. 移転価格

各国への適切な納税を果たすため、グループ会社の機能・リスクに応じた独立企業間価格に基づき、グループ会社間の取引価格を決定しています。適正な所得配分を実施することで未然に二重課税防止に努めておりますが、万が一二重課税が生じた場合は、各国間の租税条約または相互協議を適用し、その排除に努めます。
また、各国における税務関連法に従い移転価格文書を作成し、必要に応じて各国の税務当局へ提出しています。

6. 適正納税、優遇税制、タックスヘイブン

当社グループは常に適切な納税の実施に努めております。租税回避目的と見なされるような事業活動の実態を伴わない税務プランニングは行いません。無税または低税率の国や地域(タックスヘイブン)を租税回避目的で利用することはありません。

7. 税務当局との関係性

各国の税務関連法に従って適切な税務申告・納付を行います。税務当局からの情報提供の要請には真摯に対応し、指導を受けた事項については再発防止策を講じるなど、税務当局との良好なエンゲージメントの構築に努めています。

以上

IRに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームからご連絡ください。