文字サイズ

検索

よくあるご質問

日ごろお客さまから寄せられるよくあるご質問をご紹介します。

漢方薬について

  • 漢方薬とはどのようなものですか?

    漢方薬はいくつもの生薬を組み合わせて作られる薬です。数千年の年月をかけて、患者さまの症状に合った生薬の組み合わせ(処方)が生み出されてきました。それをもとに、日本の現状に合わせて発展してきたものが漢方薬です。「漢方」という呼び名は日本の伝統医学を指すものです。本来煎じ薬として用いられていた漢方薬を、ツムラでは、飲みやすく、保存・携帯しやすいエキス顆粒の形にして、皆さまにお届けしています。

  • 漢方薬は健康保険が使えますか?

    保険診療で使用できる医療用漢方製剤が148種類あり、約9割の医師がこれを使用していると言われます。ツムラでは、129処方(うち軟膏剤1処方)の医療用漢方製剤を発売しております。おかかりの医師にご相談ください。お身体に合った漢方薬をご選択いただけると思います。

  • 健康保険でもらえる漢方薬と薬局で売っている漢方薬は同じですか?

    ツムラの漢方薬(漢方製剤)に含まれる生薬成分は一緒です。
    健康保険適用の漢方薬(医療用漢方製剤)が医師の診察に基づき選択されるのに対し、薬局で売っている漢方薬(一般用漢方製剤)は、患者さま自身の自由な選択でどなたでも服用可能となっています。ツムラでは、この違いをふまえた上で一般用漢方製剤の安全性をより高めることを考慮し、1日の服用量を調整しております。そのため、服用量が異なる場合がございます。

  • 妊娠中ですが漢方薬は飲んでも良いですか?

    漢方製剤が妊娠に関して悪影響を及ぼしたという報告は、現在のところありません。ただし、妊娠中の薬の服用にあたっては、お身体の状態などを考慮した判断が必要となります。遠慮をせず、おかかりの医師にご相談ください。

  • 授乳中ですが漢方薬は飲めますか?

    薬の種類、服用期間、お母さん及び赤ちゃんの状態などを総合的に考慮する必要があります。例えば、便秘に効果のある漢方薬をお母さんが飲んでいると、その授乳を受けた赤ちゃんが下痢するということがあります。その他の漢方薬については、いまのところ問題となる報告はされておりませんが、念のため、受診する時、あるいは薬局薬店でお薬を買う時に、授乳中であることをお申し出ください。

  • 漢方薬を2種類以上飲んでも良いでしょうか?

    医師のお考えで2種類以上の漢方薬が処方されることもあります。医師より処方を受けている場合は医師・薬剤師の考慮の上で処方されていますので、ご安心だと思います。ただし、医師の治療中に自己判断で薬を追加して服用されると成分等が重複して思わぬ作用がでることもあります。おかかりの医師、薬剤師に必ずご確認ください。

  • 漢方薬以外の他の薬と一緒に飲んでも良いですか?

    他の薬と一緒に飲まれるときは、ご注意が必要なものもあります。医師より処方を受けている場合は医師・薬剤師の考慮の上で処方されていますので、ご安心だと思います。薬局で購入した薬同士を、ご自身の判断で服用される場合は、前もって購入の薬局でご相談されるなど、患者さま個々で注意を払ってください。

  • 漢方薬はいつまで飲んだら良いですか?

    病気によっては、すぐに調子が良くなったからといっても治ったとは限りません。また、飲むのを止めると、再発することもありますので、症状が改善し、安定した状態が長く続いているような場合でも、自己判断で止めずに、必ず医師又は薬剤師にご相談ください。

  • 漢方薬の保管方法は?

    漢方薬はたいへん湿気を嫌います。薬局にて包みなおしていただいた漢方薬は、薬の品質を保つため、できるだけチャック付きビニール袋や茶筒に入れ湿気を避け、直射日光の当たらない涼しいところに保管してください。
    *冷蔵庫に保管する場合は、野菜庫など湿度を保つスペースを避け、結露(温度差で空気中の水分が集まること)を防ぐために、全部を取り出さずに、服用する分量だけを庫内から取り出すようにしてください。

一般用漢方製剤・一般用医薬品について

  • 薬局で購入した漢方製剤は授乳中でも飲めますか。

    薬局で購入出来る漢方製剤で、授乳中に服用できないものは、下剤作用のある大黄(ダイオウ)が配合されたものだけです。大黄が配合されていない漢方製剤には、授乳中の服用について注意のあるものはございません。

  • 薬局で一般用漢方製剤を購入しました。1日2回食前となっていますが、いつ飲めば良いですか。朝昼晩のいつでも良いのですか。寝る前でも良いですか。飲み忘れた時は2包同時に飲んでも良いですか。

    朝・夕や昼・夕の、お食事の前など、飲み忘れの無いようご自身の生活リズムに合わせて服用してください。吸収が良いから、との食前設定ですので寝る前に飲まれることもあると思います。1日2回服用の薬を飲み忘れた場合でも、次の服用時間まで6時間程度はあけるようにします。

  • 薬局でツムラの漢方エキス製剤を購入しました。1日2回となっていますが、3回飲んでも良いですか。

    ご服用の漢方薬は1日2回で効果が出るように作られています。添付文書に記載されている用法・用量を守ってご服用していただくようお願いします。3回は服用しないでください。

  • 病院などでもらう漢方製剤と薬局で購入できる漢方製剤との違いを教えてください。

    ツムラの漢方薬(漢方製剤)に含まれる生薬成分は一緒です。
    健康保険適用の漢方薬(医療用漢方製剤)が医師の診察に基づき選択されるのに対し、薬局で売っている漢方薬(一般用漢方製剤)は、患者さま自身の自由な選択でどなたでも服用可能となっています。ツムラでは、この違いをふまえた上で一般用漢方製剤の安全性をより高めることを考慮し、1日の服用量を調整しております。そのため、服用量が異なる場合がございます。

医療用漢方製剤について

  • 漢方製剤は健康保険が使えますか。

    保険診療で使用できる医療用漢方製剤が148種類あり、約9割の医師がこれを使用していると言われます。ツムラでは、129処方(うち軟膏剤1処方)の医療用漢方製剤を発売しております。おかかりの医師にご相談ください。お身体に合った漢方薬をご選択いただけると思います。

  • 食前または食間の服用とは食事の何分ぐらい前でしょうか。

    漢方製剤は、通常、食前または食間の服用となっています。
    食前服用とは食事の30分前、食間服用とは食後2時間以上経ってから次の食事の間とされています。

  • 病院の先生には食後に服用すようにと言われたのですが、漢方薬は食前、あるいは食間に服用するものではないのですか。

    一般的に漢方薬は食前、あるいは食間の服用ですが、普段から胃腸が虚弱な方や、飲み忘れがある場合などには、医師のご判断で食後に処方される場合もあるようです。医師のご指示通りに服用してください。

  • 漢方製剤はお湯に溶いて飲んだ方が良いですか。

    微温湯または水で服用するのが基本ですが、漢方薬は温める効果を持つものも多く、また、味や香りも効果の一つとお考えの先生の中には、お湯に溶いての服用を指示なさることもございます。効果の違いについてみた報告はございませんが、医師のご指示通り服用するようにしてください。

  • 慢性疾患で、漢方製剤が処方されました。どのくらいの期間服用すると、効果が現れますか。

    患者様の状態、病気、症状によって効果が出るまでの服用期間が違います。一般的に慢性疾患では1か月程度で症状の改善を判断される事が多いようです。症状の改善が見られるようであれば継続して服用することが多いようです。詳しくは、医師とよく、ご相談されるのが宜しいと思います。

  • 妊娠中に漢方製剤を飲んでも良いですか。

    妊娠中にツムラ漢方製剤を飲んで、妊娠に関する問題があったという報告はございません。
    ご注意が必要な漢方製剤もありますので、妊娠中にお薬を服用される場合は、念のため、かかりつけの産婦人科の医師にご相談されるとよりご安心ではないでしょうか。

  • 妊娠の可能性がありますが漢方製剤を服用しても大丈夫ですか。

    弊社の漢方製剤には妊娠の可能性がある時の服用に関する注意点は特にありません。ただし、妊娠中の薬の服用に関しては、かかりつけの産婦人科の医師の判断になります。妊娠がはっきりしたら、医師にご相談ください。

  • 甘草(カンゾウ)が含まれていると副作用が起こる聞きました。飲まない方が良いですか。

    甘草(カンゾウ)の副作用であるむくみなどに対するご注意が必要ですが、どなたにでも出る症状ではありません。また、急に起こる症状ではありませんので、まずはご服用いただいて、万が一むくみや手足のだるさなどの違和感が出るようなら、服用を止めて主治医にご相談ください。

  • 飲んでいる薬の説明書を見ましたら高血圧の副作用の記載がありました。長い間、飲んでも問題ないでしょうか。どのような注意ですか。

    漢方製剤の服用で直接血圧が上昇するのではなく配合されている甘草(カンゾウ)という生薬の影響でむくみ等を起こす可能性があり、その結果として血圧が上昇する場合があると言うことです。 むくみの結果として血圧が上昇するかどうかは患者さん個々で異なりますが、可能性はございますので注意を記載しております。まずは、先生のご指示通り服用されてはいかがでしょうか。 発症は稀ですが服用されてむくみや血圧上昇が見られたら医師にご相談ください。

  • 漢方製剤同士を併用する事はありますか。

    漢方製剤同士を併用する事はございます。医師より処方を受けている場合は医師・薬剤師の考慮の上で処方されていますので、ご安心だと思います。別々の医師から処方されていて、ご服用のお薬の情報がお互いの医師に伝わっていないのでしたら、お伝えしたうえでご判断していただいてください。生薬の重複など、組み合わせに注意が必要な場合がございます。ご自分の判断で服用せず、薬局の薬剤師もしくは医療機関を受診して服用される事をお勧めします。

  • 漢方製剤以外の他の薬と一緒に飲んでも良いですか。

    他の薬と一緒に飲む時は、注意が必要なものもあります。医師より処方を受けている場合は医師・薬剤師の考慮の上で処方されていますので、ご安心だと思います。処方された以外の薬を、ご自身の判断で服用される場合は、前もって購入の薬局でご相談ください。

  • 今、漢方薬を服用しているのですが、成分が放射性物質に汚染されていないか不安です。大丈夫でしょうか?

    弊社では、原料生薬や使用する水、最終製品である漢方製剤の放射能汚染については、放射性物質の検査を実施し、安全を確認しておりますので、ご安心いただきたいと思います。

  • 服用している漢方製剤の注意点に肝機能障害とあるのですが、どのようなものですか。

    現在までのところ、漢方製剤による肝機能障害は、肝毒性や肝臓に負担を掛けると言うものではなく、花粉症のようにアレルギー性のものと推定されております。長く薬を飲むことで蓄積されて起こるような副作用ではありません。

  • 漢方製剤を1か月服用しましたが、症状が改善しません。まだ続けた方がよいでしょうか。

    疾患や症状にもよりますが、漢方製剤の効果は1~2か月を目安に判断され、何らかの自覚症状の改善があればさらに継続することが多いようです。変化が無いようであればお掛かりの医師にご相談ください。

  • 漢方製剤でドーピングに掛かるものは有りますか。

    ドーピングの基準は各競技連盟によって異なるところもありますので、弊社から確定的なご回答ができません。確実なところは所属の競技連盟の医事委員会等にご確認ください。また、薬に関しては、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)でも問い合わせを受け付けています。
    ・日本アンチ・ドーピング機構(JADA)HP: http://www.playtruejapan.org/

  • ツムラの製品番号の付け方には何か意味がありますか。

    特に意味はありません。(おおむね、承認申請順といったところです。)

  • 医療用漢方製剤の帯の色には何か意味がありますか。

    処方番号の1の位の数字で統一した色が印刷してあります。便宜的につけた色で、特に意味はございません。

  • 医療機関より漢方製剤を処方されました。晩酌をしますがアルコールで薬の効き目が弱くなったり、強くなったりすることはありますか。

    漢方製剤をご服用する際、飲酒に関するご注意点はありません。しかしながら、飲酒がご病状に影響を及ぼすことも考えられますので、おかかりの医師にご相談ください。

  • 緑内障の治療をしています。漢方薬を飲めますか。

    現在までのところ、緑内障の患者様が注意を必要とするツムラ漢方製剤はありません。
    ただし、服用後に違和感を感じる場合は休薬し、お掛かりの医師にご相談ください。

  • 病院でもらっている漢方製剤を受診せずに買いたいと思います。どこで購入できますか。

    医療機関を受診して処方される医薬品は、原則的に医師の診断が必要です。お近くの医療機関を受診していただきますようお願いいたします。なお、一般薬局(ドラッグストアなど)で購入可能な漢方製剤を別途販売しております。

  • 以前、病院にかかった時にもらった漢方製剤がとても自分に合いました。
    まだ飲めるのか参考にしたいため、使用期限がどれ位なのか教えてください。

    弊社の漢方製剤は、3年から5年といった充分な期間で使用期限を設定しております。ただし、漢方薬はその時の症状、体質にあわせて薬が選択されます。現在の症状とお薬をもらわれた時の症状が同じかどうかはわかりません。ご服用はお勧めできません。処方された医師にご相談ください。

  • ツムラの漢方製剤のアルミパックの保存方法ですが、夏場は冷蔵庫に入れた方がよいですか。

    ツムラのロゴの入ったアルミパックの状態であれば、直射日光のあたらない湿気の少ない涼しい場所に保管していただければ結構です。冷蔵庫に入れる必要はありません。

  • 再分包してもらった漢方製剤の保管方法は?

    漢方製剤はたいへん湿気を嫌います。薬局にて包みなおしていただいた漢方製剤は、薬の品質を保つため、できるだけチャック付きビニール袋や茶筒に入れて湿気を避け、直射日光の当たらない涼しいところに保管してください。

    ※冷蔵庫に保管する場合は、野菜庫など湿度を保つスペースを避け、結露(温度差で空気中の水分が集まること)を防ぐために、全部を取り出さずに、服用する分量だけを庫内から取り出すようにしてください。