冷え症チェック! わたしはどのタイプ?

同じ冷え症でも、冷えのタイプや症状はさまざまです。冷えている感覚が少しでもある方は、ご自身の感覚が、次のどのタイプにあてはまるかを確認してみてください。

タイプⅠ 全身が冷える「全身型」

POINT

体内の熱生産が低下し、新陳代謝が低下。その結果、全身が冷えるタイプ。食欲や気力が失われ、疲労感や倦怠感が生じます。長年の冷えにより、手足も内臓も冷えています。

生活習慣の改善ポイント

●睡眠を十分にとり、休息する

●軽めの有酸素運動、ウォーキングからスタート

●腹巻き、レッグウォーマー、スカーフは必須

●冷飲・冷食を避け、温かく消化の良いものを腹八分目で食べる

●バランスの良い和食がおすすめ。雑穀、イモ、キノコ、たんぱく質(魚・肉)も忘れずに

●ショウガ、ネギなどの陽性(体を温める性質)食品を積極的にとる

<漢方薬>

●手足が冷えやすい人の食欲不振には「六君子湯(リックンシトウ)
●おなかが冷えて痛む人の腹部膨満感には「大建中湯(ダイケンチュウトウ)」
など

タイプⅡ 手足が冷える「四肢末端型」

POINT

手足の先まで血液が循環しないことから、手足に冷えを感じるタイプ。10~20代女性に最も多く、疲労や無理なダイエットが背景にある可能性があります。しもやけや立ちくらみ、ニキビ、月経トラブルが起こりがちです。筋肉量も低下しています。

生活習慣の改善ポイント

●ウォーキングや筋トレを頑張る

●湯船につかる。足湯や手浴もおすすめ

●夜更かしはしないようにする

●スマホで目を酷使しないよう注意

●プルーン、ナツメ、クコの実などのドライフルーツ、黒豆、黒ゴマ、ひじきなどの黒い食材がおすすめ

<漢方薬>

●足腰の冷え症に「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)
●「当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ)」
など

タイプⅢ 上半身は熱いが下半身が冷える「上熱下寒型」

POINT

気や血のめぐりが悪く、滞った状態で上半身がのぼせて、下半身が冷えるタイプ。顔のほてりで冷えとは気づきにくいため注意が必要です。イライラ、頭痛、顔のほてり、肩こり、肌荒れのほか、月経トラブルや便秘が起こることもあります。

生活習慣の改善ポイント

●気を静めるために深呼吸

●足湯、下半身浴で下半身を温める。岩盤浴もおすすめ

●スクワットなどで下半身の筋肉を強化する

●長時間同じ姿勢を続けない

●ゆるめの服を着る

●口が渇いたり顔が熱くても、水分のとり過ぎやきつい冷房に注意

●冷飲・冷食、甘いもの、高脂肪のものを控える

●青魚、野菜、酢などがおすすめ

<漢方薬>

●足が冷えてのぼせる人の月経痛(生理痛のこと)に「桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)
など

タイプⅣ ストレスで冷える「体感異常型」

POINT

ストレスで自律神経に影響が出て、血流が悪くなり冷えを感じるタイプ。疲れているのに眠れない、集中力がなくイライラする、食欲不振、胃痛、息が吐きづらいなどの症状が見られます。

生活習慣の改善ポイント

●気分転換し、ストレスをためないことが大切

●吐く息を長くする深呼吸を

●短時間でも自分の時間を持つ

●パソコン、スマホの長時間使用を避ける

●ヨガや太極拳、ストレッチなどのゆっくりとした運動を

●長めの入浴、アロマなどでリラックスを心がける

●香りの高いレモンやシソ、ミョウガ、ミント、香草は効果的

<漢方薬>

●イライラする人の冷え症や不眠症に「加味逍遙散(カミショウヨウサン)
など

タイプⅤ 各部位の症状に冷えがかかわる「症候型」

POINT

頭痛や腰痛、肩こり、アレルギーなどの具体的な症状があり、それらの不調の裏に冷えがかかわっているタイプ。

生活習慣の改善ポイント

●腹部やみぞおちを腹巻きやカイロで温める

●温かい食べ物をとる

●冷飲・冷食を避ける

<漢方薬>

それぞれの症状にあった漢方薬が用いられます。
●手足が冷える人の頭痛や頭痛に伴う吐き気には「呉茱萸湯(ゴシュユトウ)」
など

監修:岡村 麻子
(つくばセントラル病院 産婦人科 部長
 東邦大学薬学部 客員講師
 日本産科婦人科学会 専門医・指導医
 日本女性医学学会 専門医・指導医
 日本東洋医学会 漢方専門医・指導医)