文字サイズ

検索

ツムラグループ

深セン津村薬業有限公司

原料生薬の調達・集積を行う中国の拠点
1991年3月 設立

中国産原料生薬の調達、選別加工、品質管理、保管を行っています。品質試験などを行い、品質と安全を保証した原料生薬を上海津村および日本の工場に供給しています。また、生産地情報の収集、産地指導などにより、中国産原料生薬のトレーサビリティの基地としての役割を担っています。

詳しくはこちら

上海津村製薬有限公司

日本と同等の設備をもつ中国の生産工場
2001年7月 設立

医療用漢方製剤の中間製品であるエキス粉末の生産を行っています。深セン津村より原料生薬を調達し、エキス粉末に加工して日本の工場に輸出しており、製品の安定的な供給の一端を担っています。

詳しくはこちら

株式会社ロジテムツムラ

製品の安定供給を支えるツムラ物流の中核
1973年4月 設立

現在は東西2拠点の物流センターで、当社製品の保管・配送業務を軸として運営管理を行っています。

詳しくはこちら

株式会社夕張ツムラ

北海道における原料生薬の生産・加工・保管
2009年7月1日 設立

自社農場での生薬栽培による栽培技術・効率化の研究、種苗生産、北海道全域における生薬の調達、生の生薬加工・一次加工と生薬の保管を行っています。立地と気候を活かし、北海道における原料生薬の生産・加工・保管の拠点と位置づけています。

詳しくはこちら

LAO TSUMURA CO.,LTD.

ラオスにおける原料生薬の栽培と生薬調製加工
2010年2月 設立

自社農場で大規模に生薬栽培することにより、トレーサビリティ体制のさらなる強化に取り組んでいます。ラオス政府が推進する「2+3政策*」に合致した第一次産業であり、現地での雇用創出や社会経済基盤の整備につながり、現地の地域経済の発展に貢献しています。

*2+3政策:ラオスが土地と労働力を提供し、外資が資本、技術、市場を提供する政策

詳しくはこちら

TSUMURA USA,INC.

グローバル展開を目指し米国での医薬品開発などを行う
2001年8月 設立

事業内容/米国における医薬品開発