文字サイズ

検索

半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)

胃腸の不調に広く用いられる

体力が中程度で、みぞおちのつかえ感があり、吐き気、食欲不振がある、おなかがゴロゴロ鳴って下痢がちといった人に向き、急性・慢性の胃腸炎、消化不良、胃下垂、下痢、軟便、二日酔い、胸やけ、口内炎などに用いられます。

特にストレスによる症状に効果的

「瀉心」はみぞおちのつかえを取り去ることを指しますが、一方で、五臓の「心」の働きを表す「心気(しんき)」のうっ滞を通すという意味もあり、この薬はストレス性の症状に特に効果的とされています。神経性胃炎や神経症などによく用いられます。

出典:「NHKきょうの健康 漢方薬事典 改訂版」 (主婦と生活社)
無断転載・転用を固く禁じます。

配合生薬

半夏(ハンゲ)、黄芩(オウゴン)、乾姜(カンキョウ)、人参(ニンジン)、甘草(カンゾウ)、大棗(タイソウ)、黄連(オウレン)

製品情報

医療用漢方製剤

一般用漢方製剤