株主・投資家の皆さま

ディスクロージャーポリシー

情報開示方針

当社は積極的な情報開示により、さまざまなステークスホルダーと信頼関係の構築に努め、適宜適切な情報開示の継続を行います。

情報開示基準

1.重要情報の適時開示

金融商品取引法等の関係法令および当社が株式上場している東京証券取引所の定める適時開示規則に則って、情報開示を行います。

2.任意開示

上記の適時開示規則に該当しない情報についても、投資判断に資する有用な情報と判断する内容に関しては、適時性と公平性を鑑みながら積極的に開示を行います。

情報開示方法

当社は、適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて情報を開示します。開示した情報は速やかに、当社のウェブサイトに掲載します。

将来の見通しについて

当社が開示する情報は、開示時点における当社の判断による将来の見通しおよび計画に基づいた将来予測です。これらの将来予測には、リスクや不確定要素などの要因が含まれており、実際の成果や業績は見通しとは異なる可能性があることをご承知おきください。

沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防止し、情報開示の公平性を確保するため、各四半期決算発表日前約1カ月間を「沈黙期間」とし、未公表の決算(財務情報および研究開発を含む当社の事業活動)に関連する質問・取材については、対応を控えさせていただきます。

IRに関するお問い合わせ

お問い合わせフォームからご連絡ください。