TCFDに基づく情報開示

自然の恵みである生薬を原料として取り扱う当社グループが持続的に成長するためには自然環境の変化や危機に最も敏感であるべきと考えています。 カーボンニュートラルの実現に向けて温室効果ガス排出量の削減に取り組むとともに、気温や降水量の変化等、気候変動リスクに対応していく必要があります。

気候関連財務情報開示のフレームワーク(TCFD)への対応

「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)最終報告書」に基づき、四つの開示項目(ガバナンス、戦略、リスク管理、指標と目標)について、経営課題として認識し検討を進めています。
2021年度は、気候変動による事業のリスクと機会について外部有識者も交えて経営層による検討会を実施し、リスクと機会の抽出を行いました。引き続き検討を進め、開示内容を段階的に充実させていきます。

TCFD: Task Force on Climate-related Financial Disclosuresの略。G20の要請を受けた金融安定理事会により設立。気候変動がもたらすリスクと機会について財務的影響の把握と情報開示を提言。
https://www.fsb-tcfd.org/

ガバナンス

項目 内容
取締役会の監視体制 気候変動を含むリスクおよび機会や、ツムラグループの持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図るための重要な意思決定は、取締役会が担っています。
取締役会は、取締役会規則に基づき毎月報告される業務執行状況に対し、助言と監督を行っています。
気候変動を巡っては、主にサステナビリティに関するテーマを取り扱うサステナビリティ委員会(2021年10月設置)と、BCPに関するテーマを取り扱うリスク管理委員会(年2回開催)があります。両委員会で審議されたテーマのうち、重要な案件は取締役会に報告されます。なお、サステナビリティ委員会は取締役会によるモニタリングを受けています。
経営者の役割 気候変動を含むサステナビリティに関する業務の担当役員は、CFOであるサステナビリティ推進室担当執行役員です。CFOは、気候変動関連のリスクおよび機会の評価および管理の両方の監督を統括しており、これらに関わる情報は執行役員会をはじめサステナビリティ委員会、リスク管理委員会、サステナビリティ推進室から報告を受けます。

戦略

項目 内容
リスクと機会 ツムラグループの事業基盤である漢方バリューチェーンに関わる気候変動関連のリスクおよび機会は以下のとおりです。
リスク 気候変動は、原料生薬の生育・収量、品質、価格等に影響を与えます。 気候災害は、生薬栽培地、生産拠点、物流インフラ、営業活動を直撃するほか、医療従事者(患者様)への供給体制にも影響します。
気候災害や炭素税の導入は、製造原価上昇等財務的な影響があるほか、気候変動関連の問題への取り組みの遅れによる資金調達への影響が懸念されます。

対応策

気候変動リスクの緩和策として、生薬栽培拠点の複線化、気候変動に強い種の育成、生薬栽培技術の革新、適正在庫の確保といった取り組みに加えて、省エネルギー・省資源対策(エネルギー効率の高い技術・設備の導入等)を実施しています。
機会 漢方バリューチェーンを通じたリスクマネジメントと機会獲得の施策は、社会との共通価値の向上につながるとともに当社の優位性を高めると考えています。
  • ツムラグループならではの補償の提供による就農者の新規獲得
  • 農業関連技術や生産技術の革新による生産性の向上と環境負荷低減の両立等
気候変動による疾病構造の変化に対し、漢方製剤の有用性が発揮できる機会は拡大するものと推測しています。
事業戦略・財務計画に及ぼす影響 台風や大雨、あるいは干ばつによる生薬栽培地の被害が顕在化してきており、気候変動は今後、事業の戦略や財務に直接的かつ甚大な影響をおよぼす可能性があります。
また、気候変動に強い生薬の開発(品種改良)や栽培技術の確立、環境負荷を低減する製造プロセスの構築等を機会として捉えています。
シナリオ分析 漢方バリューチェーンにおけるリスクおよび機会の抽出を実施しましたが、気候変動シナリオ(1.5℃シナリオ、2℃シナリオ)に基づいた詳細な分析については、公表にまで至っていません。2021年10月に設置されたサステナビリティ推進室、サステナビリティ委員会と外部有識者による検証を進め、段階的に公表していきます。

リスク管理

項目 内容
リスク選別と評価および
リスク管理プロセス
リスクの評価レベルは優先順位づけされており、「リスク管理規程」に基づき、各部門がリスク・機会に対応する取り組みを実施しています。
気候変動関連のリスクに関しては、2021年10月に設置されたサステナビリティ委員会とリスク管理委員会が情報を共有しながら、評価・管理してい ます。

各委員会で扱うリスク

  • サステナビリティ委員会:中長期的な経営戦略に関わる気候変動関連リスク等
  • リスク管理委員会:気候変動に関わる工場の操業停止等のBCP対応を含むリスク等
総合的リスク管理との統合 サステナビリティ委員会とリスク管理委員会で検討するリスクは、事業リスクとして統合・管理していく予定です。

指標と目標

項目 内容
評価指標 エネルギー使用量、GHG排出量、水使用量、廃棄物排出量等環境パフォーマンス指標を把握しています。
これらの指標は、第三者機関の検証を毎年受けており、その算定プロセスの妥当性や情報の正確性を担保しています。
スコープ1・2・3のGHG排出量実績 2020年度のGHG排出量
ツムラグループの総排出量 96,486t(前年度比0.1%増)
スコープ1
自社による燃料の燃焼に伴う直接排出量
37,632t(前年度比3.3%増)
スコープ2
外部から供給された電気等間接排出量
58,849t(前年度比1.9%減)
スコープ3
サプライチェーン排出量
2,434t(前年度比7.7%増)
[カテゴリ4(輸送・配送)、カテゴリ5(事業活動で発生する廃棄物)]
目標と実績 国内生産拠点(静岡工場、茨城工場、石岡センター)ではISO14001エコマネジメントシステムに基づき、生産部門で特定したリスクと機会を管理する目標を設定しています。
現在、ツムラグループ全体としては、中長期の目標を設定していませんが、2022年度を始期とする「サステナビリティ・ビジョン2050」の策定を進めています。本ビジョンは、当社基本理念の次に重要な位置づけとし、これを前提とした「長期経営ビジョン2031」、「新中期経営計画」の策定も進めています。

外部有識者を交えた役員検討会を実施

気候変動が当社グループの事業に与えるリスクと機会について、一般社団法人日本ノハム協会の筒井隆司氏をファシリテーターに迎え、経営層および関連部門長、グループ会社役員による検討会を実施しました。複数回にわたる議論を経てリスクと機会と対応策が洗い出されました。検討会は役員で認識を共有する機会ともなり、今後各部門でさらに詳細な分析を行っていく予定です。

外部有識者を交えた役員検討会を実施

一般社団法人日本ノハム協会:SDGs経営のサポートや普及活動を通して経済・環境・社会の持続可能な発展を目指す一般社団法人

今後の予定

気候変動によるリスクと機会について、2℃シナリオ等に基づく検討を引き続き行います。また現在サステナビリティ・ビジョン2050、長期経営ビジョン2031、新中期経営計画を策定中です。これらとあわせて、中長期的な目標を設定する予定であり、2021年10月にTCFDへの賛同を表明しています。
スコープ1・2については、中国事業の拡大に伴い増加する拠点を新たに算定対象に加えるとともに、スコープ3に関しては、該当するすべてのカテゴリのCO2排出量の把握を進めます。