ツムラ調達方針

ツムラグループは、経営理念「自然と健康を科学する」に基づき、安全・安心で高品質な生薬原料や資材等を安定的に調達するために、公正・公平な取引を実施し、人権・労働基準などの社会的責任にも配慮した調達活動を推進します。環境保全やサステナビリティの取り組みにおいても、サプライチェーンと協働し、社会との共通価値創造と持続可能な社会の実現に貢献していくことを目的として、以下の調達を推進します。サプライチェーンの皆様におかれましても調達方針について理解し、ご協力下さいますようお願いいたします。

1.法規制と国際行動規範の遵守

国内外の法令を遵守し、高い倫理観と国際行動規範を尊重します。

2.公平・公正な取引調達

公正に最適な調達先を選定するとともに調達先と公正な取引を行います。

3.人権・労働・安全衛生への配慮

基本的人権を尊重し、労働環境や安全衛生に配慮した調達を推進します。また、調達品の生産供給活動に従事するすべての人の人権を尊重します。

4.品質・安全性の確保

ツムラ品質方針のもと、品質保証システムのさらなる充実を目指し、体制を整えるとともに、提供する製品やサービスの品質および安全性や調達品の適正な品質・有効性・安全性と安定供給の確保を目指した調達を推進し、そのために必要な情報を適時入手します。

5.地球環境への配慮

ツムラ環境基本理念・方針のもと、資源の枯渇や気候変動、生物多様性の維持、環境汚染などの地球環境問題に積極的に取り組むとともに、地球環境の保全と人々の健やかなくらしのため、自然との調和を考えた企業活動に配慮します。

6.情報セキュリティの保持

コンピュータ・ネットワーク上の脅威に対して、社内外に影響を与えないための対策を講じるとともに、機密情報や個人情報の漏洩を防止し、情報セキュリティの強化を推進します。

7.社会・地域への貢献

国内外を問わず、事業を行う地域の社会習慣および文化を尊重し、相互信頼を基盤とした事業活動の推進と、持続可能な社会の発展に貢献する活動に取り組みます。

以上